海外PL保険の特徴

日本国内で製造されたものが海外へ輸出されることも増えています。

日本国外で、自社が製造または販売した製品に起因して、他人の身体に障害を負わせたり、他人の財物を損壊してしまった場合には、海外PL保険に加入していなければ、法律上の賠償責任を負うことで被る損害がカバーされません。

また、海外での事故に関しては、海外での事故処理に関して、相談に応じてくれるエキスパートの存在がなければ、損害賠償の金額などが多額にのぼってしまうこともありますので、保険会社によっては、海外の言語や法律に詳しい専門家が、訴訟の相談に応じてくれ、事故処理に協力してくれる仕組みを用意しているケースもあります。

海外での争訟費用は非常に多額にのぼる場合もありますので、できるだけ海外PL保険に加入しておくのが良いでしょう。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ