PL対策とは?

PL「法」対策と少し異なるのが、PL対策です。

PL「法」対策というのは、「製造物責任法による責任を回避するための対策」という意味合いが強くなってしまいますが、PL対策というのは「製造物責任を全うするための対策」です。

製造業者が製造した商品が「なるべく事故を起こさないようにする」「安全に関わる情報を、正しく消費者に伝える」「それでも事故が起こってしまった場合には、被害者を救済すること、事故をこれ以上広げないよう、できる限りの対処をする」といった対応をすべてひっくるめて表す言葉です。

最近は、製造された品の取扱説明書一つをとっても、消費者がわかりやすいように、工夫がされています。

「わかりやすい=事故を起こしにくい」ということにつながり、これも企業のPL対策の一つと言えるのです。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ