PL法とは

PL法とは、消費者保護の観点から設けられた法律で「製品・商品の欠陥によって身体的な障害や、物を損壊されるなどの損害を負った場合に、製造業者に過失があったことの証明を行わなくても、損害賠償請求を提起することができる」ことが、特徴となっています。

従来は、民法上の損害賠償責任を追及するしか方法はなく、その場合には「メーカーの過失」を消費者が証明しなければならず、それは事実上不可能なことも多かったのです。

PL法が施行されたことで、損害賠償請求は急増していますので、企業としては何らかの対策を採らざるを得ません。

また海外にもPL法はあるのですが、ひとたびPL訴訟を海外で起こされた場合には、現地の法律家と連携して対処しなければなりません。

そのため、保険会社の海外PL保険を利用する製造業者が増えているのです。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ