中小企業PL保険制度とは?

「中小企業PL保険制度」は、商工会議所の会員となっている事業者
(個人事業者を含む)が利用できる制度で、中小企業基本法に定義
されている中小企業がこの制度を利用できます。

一方で商工会議所会員の中堅・大企業は「全国商工会議所 PL団
体保険」が用意されています。

中小企業PL保険制度に加入しておくと、PL事故が発生した場合の
損害賠償金、裁判費用、弁護士費用、被害者の護送費、応急手当
費用などに対して、補償を受けることができます。
また中小企業PL保険のみになりますが、PL事故による賠償のみ
ならず、オプションでリコールにも対応する特約を付帯できます。

この制度は日本商工会議所が包括加入者となって、損害保険会社と
契約をしている団体契約となります。
ですので、日本商工会議所で加入手続きを行うのではなく、本社・
事業所の存在する地域の各商工会議所で手続きを行う形になります。
全国に存在する商工会議所のスケールメリットにより、保険料が割引
されることが特徴で、民間の保険会社のPL保険へ加入することを
ためらっている方は、商工会議所の中小企業PL保険制度の利用を
考えるのも一策です。

ただし、PL保険は直近期一年分の売上高により保険料計算を行います。
スタートアップ企業など売上高規模が小さいケースの場合は、比較的
料率がもともとそれほど高いものではいため(危険度が高い業種・商品
を除く)、団体割引によるスケールメリットの享受は少なく個別加入と
全く保険料が変わらない場合もあります。

また、団体制度ゆえに加入期間が固定されていることがあり、加入までに
2か月近くかかることもあります。
各地域の商工会議所によって異なることもあるので、各商工会議所の
入会費用や、入会のメリットを確認の上、前倒しで検討することが必要
です。

 

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ