PL保険加入が必要な業種とは?

そもそもPL法とは「製造物責任法」のことで、消費者が「製品・商品の
欠陥によって身体的な障害を負った、死亡した」物を損壊された」など
の事故が起こった合に、損害賠償請求を提起できることを定めた法律です。

このとき、消費者は製造業者に過失があったことの証明を行う必要
がありません。

PL法が施行される前は、消費者側が「製造業者等の過失」を証明し
なければ、法上の損害賠償請求を行うことがきませんでしたが、過失
を証明するというは非常に困難を極めていました。

消費者の安全や権利などを守るために、PL法が施行されたのですが、
これにって「製造業者等」は厳しい立場に置かれることになりました。

この法律で定められる「製造物等」とは、「製造または加工された動産」
であり、象外となるのは不動産、電気などの形エネルギー、ソフトウエアや
運送等のービスがその例です。

たとえば、製造した自動車に欠陥があった、食品に異物が混入していた
ためにべた人がけがをした、工場や厨房で用している機械に欠陥があって、
使用してる人が怪我をしたなど、様々なケースでPL訴訟が提起される
可能性があります。

国民生活センターには「製造物責任法(PL法)による訴訟」の事例を紹介
したージがあります。

一度ご覧になって、ご自身の業界ではどのようなPL事故が起こって
いるのか知るといいでしょう。

おのずと、PL保険の必要性がご理解いただけることと思います。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ