PL保険に加入していて事故が起こったら?

PL保険に加入すると、PL事故が起こった場合の損害賠償金、弁護士費用・争訟費用などが保険金で賄われることになります。

たとえば、製品を製造している「製造業」の方ならば、「製品」が原因で消費者が怪我をしたり、消費者の持ち物が壊れてしまったといった場合に、損害賠償訴訟を起こされる場合があります。

販売業の方なら販売した商品がもとで事故が起こった場合、工事を行う業者の方の場合は「工事の結果」が原因で事故が起こった場合に、損害賠償金を支払わなければなりません。

仮に製品や商品が原因で「働き盛りの若い男性が怪我をして後遺障害が残り、働けなくなった」という場合には、損害賠償金も莫大なものになる事が多いです。

また、ひとりの消費者ではなく多数の消費者に一度に被害が出てしまった場合に、十分な賠償を行うことができないと、企業イメージが損なわれ、利益を上げることが難しくなります。

「PL保険に加入している」という事実があると、経営者の方は安心して事故対応に取り組むことができます。

特に中小企業の経営者の方は、現場作業を行いながら、事故対応にもあたるというのはほぼ、不可能ですので、業務が中断してしまうという可能性もあります。

しかし、PL保険に加入しておけば、損害保険会社に対応を任せることができて、業務は通常通り行うことができるので、安心できますね。

このように、PL保険には「お金の保障を得る」「時間と労力の保障を得る」という2つの意味がありますので、現在加入を検討中の方は、一刻も早く加入先を決めるといいでしょう。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ