PL保険と事故への対応

PL保険に加入していると、事故が起こった際、その対応を保険会社に任せることができる、というメリットがあります。

特に、事故の一方が入った際の初動に問題があると、消費者の不信感をあおってしまいますので、対応のマニュアルを策定すること、社員全員に周知徹底をすることが大切です。

「対応のマニュアルが一切ない」「初動と言われても見当がつかない」という人は、とにかく今すぐにでもPL保険に加入することを検討しましょう。

PL事故が起こった場合の損害賠償責任は、保険の加入の有無を問わず発生するものです。

問題が大きくなってから対応を考えていても遅いのです。

そしてPL保険に加入した後に、事故が起こった場合には、事故発生の日時や場所、原因や状況などを保険契約を結んだ担当者・代理店などに連絡をしましょう。

保険会社に丸投げをするのはいけませんが、間違っても自己判断で被害者の下へお詫びに行くのではなく、保険会社の担当者と相談しながら行動するようにしましょう。

PL事故が裁判沙汰になってしまう場合には、消費者の感情はこじれており、弁護士を立てて全面的に争うという姿勢になるでしょう。

しかし「被害に対して、真摯に対応した」ということが被害者に伝われば、裁判沙汰には発展せずに済むかもしれません。

そのとき、保険会社・担当者という相談役がいることで、「もっとも誠意の伝わる方法」を選びやすくなる場合もあるのです。

PL保険に加入することで、金銭的な補償を得ると同時に、最善の対応ができるようになる、というメリットもあるのです。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ