PL保険と特約の種類

PL保険には特約がいくつか用意されていますので、会社の業務内容などに応じて、特約をつけるかどうかを考えましょう。

有名なものとして「不良完成品損害担保特約」というものがあります。

たとえば、自社が製造した食品を、納品先でさらに加工・調理をしたというケースで、自社の製造した食品に異物が混入していたために、納品先で出来上がった完成品が、不良品になってしまったという場合には、PL保険(主契約)に加入しているだけでは保障を受けられません。

しかし、「不良完成品損害担保特約」をつけていれば、このような場合にも補償を受けることができます。

自社の業務内容・商品の流れなどをつかんでいないと、この特約が必要かどうかというのは、判断できません。

そのため、まずは自社の業務内容を把握して、ファイナンシャルプランナーなどに相談することが大切です。

もう一つは「リコール費用」を担保する特約です。

商品をリコールすることになると、莫大な費用がかかってしまいますが、この特約をつけていると安心してリコールを行うことができます。

迅速な対応を行えば行うほど、実際に被害を受ける消費者が少なくなりますので、損害賠償請求訴訟に発展する前に、事態をおさめることができるかもしれません。

消費者には良い印象を与えることができるというメリットもあります。

こちらも「リコールの可能性がある業務形態かどうか」によって、この特約が必要かどうかは変わってきます。

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top

無料相談・お申込みはこちらをタッチ