効能不発揮による損害

見落とされがちな免責として、効能不発揮による損害があります。

簡単にいうと、販売した商品が期待した性能・効能を発揮
しなかった事によって、発生した損害は対象外というものですね。

基本的に、PL保険は瑕疵担保を補償するものではなく、拡大損害を
補償するもの。

すこしわかりずらいと思いますので、例を挙げると、

中国から輸入した消火器を販売したが、消火器が製品不良で、
火災発生時噴霧することができず、火事が発生した場合は保険金
支払いの対象外となる。

PL保険免事項の「⑳生産物または仕事の結果が、所期の効能
または性能を発揮しなかったことに起因する損害」により無になります。

 

労災保険

PL保険を無料設計
PL保険を無料設計 PL保険を無料設計

^top